株式会社マーケットヴィジョンすべてのメーカーと小売店に、画像認識による勝算を。

 

ケーススタディ
最適陳列の仮説・
検証調査例

ここでは私たちがご提供する棚画像集計データサービスによる、実際のマーケットデータの利用例をご紹介しています。
※該当のリンク先をクリックして頂くとそのページに飛びます。

  • 陳列が及ぼす様々な影響を分析
  • POP効果の立案と検証
  • 画像認識技術の一斉調査への適用
  • POPと商品陳列手法による購買への影響例
  • アウト展開における売上への影響追跡調査例
  • 新商品における陳列方式と売上傾向について
  • 最適陳列の仮説・検証調査例

最適陳列の仮説・検証調査例

スーパーマーケットにおけるエンド棚に自社ブランドのPR用トップボードと、
自社商品陳列位置の関係を調査したケースです。

自社ブランドのPR用トップボードと、自社商品陳列位置の関係を店舗ごとに調査した例

小売店に依頼し、エンド棚に新たな自社ブランドのPR用トップボードの設置と、自社ブランド商品陳列を行った場合の売上効果を調査しました。
当初から目標通りのPOP設置と商品陳列が行えた店舗群と、既に他社により陳列位置が確保され陳列位置修正に時間を要した店舗では、売上に大きな影響が出ていました。
このことから、トップボードのPOPと自社商品陳列は、最上段からゴールデンラインにかけて行うことが視認効果を高め売上拡大に効果があることが調査により改めて明らかになりました。

  • A店舗群:計画通りの陳列が徹底された店舗
  • B店舗群:ゴールデンライン付近の陳列を他社に侵食された店舗
  • C店舗群:最上段の棚からゴールデンラインの陳列を他社に侵食され、自社ブランドPR用トップボードと自社商品陳列の関係性が断ち切られた店舗

自社ブランドのPR用トップボードと、自社商品陳列位置の関係を店舗ごとに調査した例

単に売上結果のみからでは、POP設置が行われたことと陳列状況との因果関係などをを読み解くことはできません。
継続した棚画像の撮影を行うことで、定石通りのPOPと設置と商品陳列が行われているかの把握と、行われていない店舗に対しての要因分析が行えるようになりました。

商品陳列画像を使った陳列情報集計は、マーケットヴィジョンにおまかせください。

実証実験サービスを行っています

「画像認識システムって?」「例えばうちの商品の場合のシミュレーションをしたい」など、 インストア・マーケティングや商品陳列調査をお考えの企業様向けに実証実験サービスを行っています。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

ご質問・お問い合わせ

CONTACT

PAGE TOP
ページトップへ