株式会社マーケットヴィジョンすべてのメーカーと小売店に、画像認識による勝算を。

ケーススタディ
画像認識技術の一斉調査への適用

ここでは私たちがご提供する棚画像集計データによる、実際のマーケットデータの利用例をご紹介しています。
※該当のリンク先をクリックして頂くとそのページに飛びます。

  • 陳列が及ぼす様々な影響を分析
  • POP効果の立案と検証
  • 画像認識技術の一斉調査への適用
  • POPと商品陳列手法による購買への影響例
  • アウト展開における売上への影響追跡調査例
  • 新商品における陳列方式と売上傾向について

画像認識技術の一斉調査への適用

新商品の知名度向上や、ブランドイメージの消費者への醸成のために、店舗に必ず陳列されているか?
ここでは画像認識技術を一斉調査に利用したケースをご紹介します。

一斉調査を目視で行うミスを防ぐため棚画像認識技術を導入した例

一斉調査はメーカー様の目的にもよりますが、定期的に店舗に人員を送り、該当のブランド商品が適切に陳列棚にあるかどうかを確認することで、ブランドイメージを高めることに役立つケースもあります。そのような調査シーンで画像認識技術が役立ちます。

画像認識技術の一斉調査への適用イメージ

店頭画像から陳列の実態を見るプロメテウスシステム®なら

  • 人の目視・記載の時間より撮影時間の方が短い
  • 人の記憶より正確→調査時間の効率化実現=費用の効率化

などはもちろん、更に

  • 対象商品数の拡大(自社・他社)
  • 棚陳列位置からフェイス数まで解析
  • 競合や自社のフェイスの並び順も把握→的確なフェイシングであるかも判断可能=棚割りとの差異も分かる

等、これまで目視に頼ってきた多くのことを、多忙なラウンダーに代わり、行うことができます。

商品陳列画像を使った陳列情報集計は、マーケットヴィジョンにおまかせください。

実証実験サービスを行っています

「画像認識システムって?」「例えばうちの商品の場合のシミュレーションをしたい」など、 インストア・マーケティングや商品陳列調査をお考えの企業様向けに実証実験サービスを行っています。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

ご質問・お問い合わせ

CONTACT

PAGE TOP
ページトップへ